HOME >> 化粧品原材料に関するご案内

化粧品原材料に関するご案内

開発コンセプト

 生体内での酸化還元反応に寄与するビタミンCと抗酸化ビタミンとして知られているビタミンEは、皮膚での必須ビタミンとして古くから化粧品に使われてきました。しかし、水溶性のビタミンCと脂溶性のビタミンEとでは性質が異なるため、同じクリームやローションに同時に配合するには製剤的な修飾が必要でした。更に、ビタミンEは脂溶性のため皮膚の角質層を透過するもののビタミンCは、水溶性のため皮膚の奥まで到達させることは困難とされていました。


 このビタミンCとビタミンEをリン酸、またはマレイン酸を介してジエステル結合させ、同一分子内に両方のビタミンを組み込んで再合成させた化合物がEPCとCMEです。その結果、2つの化合物はビタミンCとビタミンEの作用を併せ持ち、更に水にも脂質にも親和性を示す両親媒性の化合物に生まれ変わりました。これにより脂溶性の角質層を透過する時はビタミンEがシャペロン的に作用してビタミンCを誘導し、水溶性の領域はビタミンCがビタミンEを誘導することで、表皮あるいは真皮までの移行を可能にしました。皮膚の奥まで浸透した化合物は、標的部位で加水分解あるいは酵素的な作用によりビタミンCとEに切断され、この2つのビタミンによる相乗的な抗酸化作用を発揮します。


 標的部位で遊離したビタミンCは単独で抗酸化作用や抗炎症作用を発揮しますが、加齢や紫外線等の影響で亢進した皮膚細胞膜の過酸化物質のラジカルをいち早く消去するのが脂溶性のビタミンEです。しかし、ここでフリーのビタミンEが消費されてしまうと抗酸化作用は持続しませんが、この過酸化脂質からラジカルを引き継いだビタミンEを更にリサイクルさせるのがビタミンCです。本来であれば水溶性のビタミンCは脂質の部位には到達しにくいのですが、EPCとCMEはビタミンEとビタミンCを同じ場所に局在させることができるため、ビタミンEのラジカルをいち早くビタミンCが引き継ぎ再度、フリーのビタミンEとして送り出せるようになりました。


 両親媒性プロドラッグのEPC及びCMEは、このようなビタミンCとビタミンEのシナジー効果により、低濃度にもかかわらず皮膚での酸化還元(レドックス)サイクルを効果的かつ持続的に回し続けることができます。

製品詳細

製品名 CME(SENJU) EPC(SENJU)
化粧品表示名称 マレイン酸アスコルビルトコフェリル (アスコルビル/トコフェリル)リン酸K
医薬部外品表示名称   dl-α-トコフェロール 2-L-アスコルビン酸リン酸ジエステルカリウム塩
INCI名 ASCORBYL TOCOPHERYL MALEATE POTASSIUM ASCORBYL TOCOPHERYL PHOSPHATE
CAS No. 488109-64-4 127061-56-7
REACH登録番号 01-0000020234-81-0000 01-0000019537-62-0000
包装単位 500g/100g 1Kg/250g
医薬部外品承認実績  
主剤:
0.2%濃度で育毛剤として前例あり
効能・効果:ふけ
添加剤:
0.05%までローションに配合前例あり(配合理由は保湿剤もしくは抗酸化剤)
原材料の説明 CME(SENJU)はこちら EPC(SENJU)はこちら
SDS CME(SENJU)はこちら EPC(SENJU)はこちら

上へ戻る

ご質問・お問い合わせ・ご相談はこちらまで。0120-803-860(通話無料/受付時間AM10:00~PM5:00/土・日・祝日は除く)

Copyright (c) 2006 Airge All Rights Reserved.