HOME >> アドバイザー 小林皮フ科クリニック

アドバイザー 小林皮膚科クリニック

ビタミンの専門家でもある皮フ科医のコメント

小林皮フ科クリニック・皮フとビタミン研究所 小林 照明先生

小林皮フ科クリニック・皮フとビタミン研究所
小林 照明先生

大阪市淀川区三国本町3-37-35
TEL:06-6394-3200
ホームページ:http://www.kobayashi-clinic.co.jp/

ビタミンを肌の奥に届けてくれる
ハイテクコスメとして、
エアージュ化粧品を注目しています。

今やビタミンは、皮膚病の治療薬としても用いられるようになりました。私どものクリニックにおいても、皮膚病治療および肌の美容においてビタミンを中心にした治療も行っております。 私は、長くビタミン外用剤の開発に携わってまいりましたが、その経験から言えることは、単にビタミンを肌に塗るだけではその力を引き出すことはできないということです。ビタミンの濃度はもちろんのこと、皮膚への浸透性やビタミン同士の組み合わせが、大変重要なポイントとなってくるのです。

その点、このエアージュ化粧品クレスキトシリーズに用いられているCMEおよびEPCは、美容に必須のビタミンCとEより合成された化合物であり、実験データによって証明されているように、優れた皮膚への浸透性を示し、またビタミンCとEの絶妙なコンビネーションでお肌の乾燥、ニキビ、シワ、くすみ、シミといったさまざまな肌トラブルに対処できるハイテクコスメです。アンチエイジングの有力な手段のひとつとして、今後は注目されていくことでしょう。

さらに、エアージュ化粧品クレスキトシリーズが、医薬品メーカーによって開発された化粧品であるということも特筆すべき点です。その科学的データに裏打ちされた信頼性は、他メーカーの化粧品とは明らかに一線を画すもので、肌をより美しく、健やかに育みたいと願う多くの人々の期待に応えてくれることでしょう。

プロフィール

1994年大阪大学大学院医学研究科にて医学博士修得後、大阪府立病院皮膚科勤務を経て、1997年アメリカ、メイヨークリニックに留学。 ビタミン研究、ビタミン外用剤の基礎研究に努める。帰国後、1999年大阪大学医学部皮膚科助手。2000年同付属病院皮膚科病棟医長、皮膚科講師となる。2003年退職後、5月に小林皮フ科クリニック・皮フとビタミン研究所を開設。ビタミン外用剤の開発を進める。大阪大学医学部非常勤講師を併任。ビタミンの権威として注目されている。

上へ戻る

ご質問・お問い合わせ・ご相談はこちらまで。0120-803-860(通話無料/受付時間AM10:00~PM5:00/土・日・祝日は除く)

Copyright (c) 2006 Airge All Rights Reserved.